女性ホルモンの分泌が活発にすることががバストアップを実現させるポイント

世の中に出回っている数々の美容方法は全てが効果的というワケではなく、間違った方法も多く存在しています。
注意をしなければいけないこととしまして、最も大切なことは自分に見合った美容方法を実践するということなのです。 視床下部でどの程度の量が分泌されるかが決まることになりますが、実はストレスを最も受けやすい場所なのです。
つまりストレスを溜め過ぎてしまいますと、視床下部の働きが悪化してしまうのです。
女性ホルモンの分泌が活発にすることががバストアップを実現させるポイントとなります。
脳下垂体と呼ばれている場所の視床下部で女性ホルモンの分泌が調整されているのです。

 

視床下部の働きが悪くなってしまいますと、バストアップに必要となる女性ホルモンの分泌がされなくなってしまいます。
ですのでバストアップを望んでいる人は、ストレスを溜めずに毎日の生活を送っていくようにしましょう。



女性ホルモンの分泌が活発にすることががバストアップを実現させるポイントブログ:20/05/25

ダイエットをしていると
誘惑に負けそうになることが多々ありますよね。

そして、誘惑に負けては
ダイエット失敗を繰り返していたあたし。

あたしの場合、太った原因は
「食」でストレス解消していたことでした。

細かく原因を追究すると…
イライラすると、おかしを食べてストレス解消。
お子さんたちが寝た後は、一人でゆっくりおやつタイム。
週の半分は子供とともに、夜更けにチューハイ+おつまみで乾杯。
お子さんたちが残したライスは、
もったいないのでお腹がいっぱいでも食べてしまう。
お子さんたちがよく食べるので、外食はバイキングが多い。
…という生活習慣が原因だったと思います。

ダイエットを始めても
この習慣はなかなか止められず
特におかしの誘惑には
負けてしまうことが多かったです。

しかし、
おかしを食べるのって、悪いこと?
食べてストレス解消するのは、悪いこと?
何か、おかしくありませんか?

おかしって、悪いものじゃないし、
食べることって、悪いことじゃない。

「食べちゃいけない!」と思って
食事制限をすることが
逆にストレスになっていませんでしたか?

それが、誘惑に負けておかしを食べてしまう
原因にもなっていたのでは?

甘いおかしも、脂っこいお肉も
時間や量を考えて食べれば
ダイエット中でも問題ないんです。

たまにはバイキングで食べ過ぎてしまっても
あとで消費すれば問題ありません。

食べたい時には食べる。
楽しくダイエットをしていくことで
ストレスも溜まらず、長く続けられる。

途中で嫌になって挫折しては
また、リバウンドしてしまいます。

「食」に対するマイナスイメージは捨て
楽な気持ちになって、
長く続けられるダイエットをしていきましょう!


ホーム サイトマップ