脂肪や老廃物などが絡み合い脂肪の塊

もしこれから美しさを追求していこうと考えているのでしたら、何よりも効果的な美容対策を見つけることです。
自分の身体のどこを美しくしたいのかをまずは明白にして正しい美容方法を行なっていくようにしましょう。 脚のむくみは、立ち仕事をしている人や一日中座りっぱなしの人などに非常に起こりやすい症状となります。
そして脂肪による足太りはセルライトが原因となっていることがほとんどなのです。
脚痩せを原因を理解していないまま、食事制限をしてしまったり運動をして脚痩せを実現出来てもすぐに元通りになってしまうことになります。
足が太くなる原因には、むくみ、脂肪、筋肉の3つが挙げられ、これらを解消することによって脚痩せが可能なのです。

 

悩みのセルライトというのは、血行が悪くなってしまうと皮膚の下の脂肪細胞が肥大化してしまい、脂肪や老廃物などが絡み合い脂肪の塊のことを言います。
多くの女性は既に知っていることかと思いますが、脚痩せにはこのセルライトの除去が最も大切なことなのです。

LED投光器ならこちら
http://www.i-sss.jp/



脂肪や老廃物などが絡み合い脂肪の塊ブログ:20/05/06

シェイプアップ中に体重を測ると、時々、
体重は減っているのに、体脂肪率が増えている
なんてことがありますよね。

なぜ、こんなことが起こるかというと…

それは、
身体の水分が電気を通して、
その通る電気の割合で体脂肪が計算されているからなんです。

身体の水分の分布は
時間帯によって変化します。

寝ている時、体内の水分は身体の中心部に集まります。
逆に活動中は、身体の先端の方に多く分布します。

つまり、午前中起きてすぐは、
水分がまだ中心部にある状態ですから、
体脂肪計の電流が通る足や手には
水分が少ないということになります。

そのときに体脂肪率を測れば、
必然的に体脂肪率は、高めに計測されてしまいます。

立ち仕事が多かった日などは、
重力によって、水分が足の方にたまりやすくなっていますから
上に乗って足に電流を流すタイプの体脂肪計だと、
体脂肪率が低く計測される場合もあります。

身体の水分量や分布が一番安定しているのは、
18時の入浴から2時間後ぐらいの寝る前だといわれています。

大事なのは、日々できるだけ同じ時間帯、同じ条件で測ることです。
日々、同じ体脂肪計で、同じ時間帯に、
できれば同じ条件で測ることができれば、
数値の正確な増減を知ることができます。

逆に測る時間帯もまちまち、
2週間前は入浴前に測ったけど、今日は入浴後だったり、
測る条件も違ったりすると、その数値はあまり参考にはなりません。

入浴だけではなく、体操の前後なのか、食事の前後なのか、
揃えたい条件はたくさんあります。

なお、上に乗るタイプの体脂肪計の場合は、
両足のヒザや大腿部がくっつかないように立ちましょう。

くっついていると電流の流れ方が変わって、
正確な数値が測れませんよ。


ホーム サイトマップ